素敵なdesign時代が来るまで….

素敵なデザインが
街に ふたたびお目見えするようになるまで

どれぐらいの「時」が 必要なのでしょうね?

ごめんなさい。正直に言います。
シルトクローテさんのビーズデザインが7か月程度
素敵と感じられなくなりました


なんだか 白い珊瑚を模していたり….
なんだか 化学の配列をどことなく連想させる白ビーズの編み方だったり…….?

え、珊瑚?
ならば本物の珊瑚でも……???


そして
葛餅デザインと呼ぶような アクセサリになってゆき


食品の葛餅で良くないですか。
アクセサリになる意味はあったのですか。

素敵なdesign時代が来るまで
世の人があまりお金を使わなくてもね、ちょっとそれは仕方がないんじゃないのかなって
感じているのです

「どうして新たな   を仕入れないの?!」
「素敵なデザインじゃないから」

そういう時代をね
潜り抜けはじめている感覚があるのです

物が売れない時代 と言われはじめた時の
物品の売れなさ を

ある意味、黒いデザインと カメリアデザイン が ますます売れないよう
後押ししているよね! と思います



見た目 視覚に確かに 人は左右されているようです。 ならば


アクセサリの絡まりdesignも
それこそ蛇ringも

あまり評価されない時代は続くよね……. と ため息です

関連記事

  1. 12/20 SideBySideビストロ演奏(ディナータイム…

  2. 無心に輝きを求めて

  3. 明けましておめでとうございます!

  4. パエリア風

    秋分の日が近づいて

  5. 雨の日は雨の歌をー2019年の4月に綴る日記

  6. 猫の平和を求めて

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930